笑っている男性

人気が高まっているピアノレッスン|音楽を勉強しよう

試験合格には繰り返し学習

女性の作業員

効率の良い繰り返し方法

危険物乙4類の試験では、記憶しなければならない物質や数値が多いです。しかも、新しいことを憶える度に以前に憶えた数値などを忘れてしまいがちです。そのため、効率良く記憶していかなければなりません。危険物乙4のテキストで図表の形式でまとめられているページなどは、縮小コピー等して持ち運べるサイズにします。そうすることで、通学・通勤時間に何度も見ることで脳に刷り込んでいきます。また、1度で憶えようとじっくりテキストを読むよりも、テキスト全体を何度も繰り返して読む方が記憶に残りやすいと言われています。テキスト読みと並行して問題集を行い、間違えた箇所をテキストに書き加えていくことで自分の弱点を繰り返し確認することができます。危険物乙4の試験時間は2時間ですが、合格者は1時間程余ることが多いと言われます。問題集で問題を解く際には、時間をかけずにスピーディに解きましょう。例えば、試験時間の基準で考えれば法令の15問は45分かけて解くことができますが、合格者基準では30分程度です。問題は高速で解き、解説とテキスト読みの時間を捻出するのです。合格者基準に合わせて訓練することが危険物乙4の合格に繋がります。

出題の特徴を理解する

危険物乙4では、科目ごとに60%の合格基準点があります。どれか1科目でもその基準点を下回ると不合格となってしまいます。つまり、弱点を作ることなく幅広く学習することが必要になります。また、科目内でも出題パターンに特徴があると言われます。その特徴を理解して三つの対策を練っておくことが合格の必勝法といえます。一つ目は、簡単で確実に取れる問題が4割ほどあるという点です。この問題を確実に取っておくことが合格に必要です。テキストで太字になっていたり、問題集で繰り返し出てくる物質や数値などは、この確実な問題に当たります。合格のためにしっかり記憶しておきましょう。二つ目は、2割から3割ほどは引っ掛け問題が出るという点です。単語だけを憶えて試験に臨むと、この引っ掛け問によって不合格という末路を辿ることが多いのです。物質名だけでなく、その特徴や保管方法・規制の内容を憶えておかなければなりません。これは、自分がこの物質を管理するとしたらどうするか、という意識を持つことで憶えやすくなります。三つ目は、テキストに小さくしか載っていない難解な問題です。理系の大学生でも間違える問題については割り切って捨てましょう。