笑っている男性

人気が高まっているピアノレッスン|音楽を勉強しよう

受験資格を得るためには

女の人

一般の大学を卒業した場合

社会福祉士とは高齢者や障がいを持った人たちなどに対して、福祉に関する相談や助言を行う仕事です。福祉の専門家として社会福祉施設や児童相談所や医療機関など、活躍する場は広がっています。社会福祉士は資格がなくても仕事はできますが、採用されるためには資格がある方が有利です。しかしながら社会福祉士の資格を取るためには、受験資格を満たすことが必要です。福祉系でない一般の大学を卒業しているのであれば、福祉系カリキュラムを持つ大学に編入して卒業する方法があります。また一般養成施設で1年以上勉強して卒業する方法もあります。新潟県にも医療福祉系の大学や専門学校が、新潟市や長岡市に設立されています。新潟に住んでいても社会福祉士の受験資格を得ることは可能なので、まずは資料請求してみましょう。

高卒で資格を得るには

新潟県でも社会福祉士の資格を生かした仕事はたくさんあります。もし今高校生で、社会福祉士として働くことを希望しているのであれば、福祉系の4年制大学に進学しましょう。また高卒ですでに社会人になっている人で社会福祉士になりたい人も、同じく福祉系の大学に進学するのがおすすめです。卒業と同時に社会福祉士の受験資格を得られるので、時間は必要ですが確実に資格取得を目指せます。新潟県にも医療や福祉系が専門の大学もあるので、受験してみると良いでしょう。大学では社会福祉士試験対策に対応したカリキュラムを組んでいることが多く、専門知識を身につけながら勉強できる環境が整っています。もちろん大学の勉強とは別に、通信講座などを利用して受験対策をする人もいます。