笑っている男性

人気が高まっているピアノレッスン|音楽を勉強しよう

アイディアを守る方法

講義

どのような権利があるのか

知財とは知的財産のことで発明や創作で生まれたものを財産として考え、その形になったアイディアを保護する権利のことで、知的財産権にはいくつかの種類があります。産業財産権とは産業分野における知財で、特許権や実用新案権などの発明に関するものが多いです。著作権はよく聞かれると思いますが、音楽や絵画や建築などの思想や感情から生まれる創作物の権利です。肖像権はとても身近にある権利で法律で保障されているプライバシーでもあり、公人にとっては財産権とも言えるものです。回路配置利用権はコンピュータや家電などの心臓部ともいえる半導体集積回路の性能を決める要素を保護するものです。このような知財を守るために現在では様々なセミナーが行われており、中にはテレビで受講できるセミナーなどもあります。

なぜ知る必要があるのか

近年のインターネットの爆発的な普及に伴って知財を侵害されることがしばしば起きていますので、どのような対処をすればよいのか知るためにも、知財セミナーを受講したり、弁理士や弁護士に依頼するなど対策をすることが必要です。自社の社員が発明した、あるいは創作したものの著作権は社に帰属するのか、あるいは社員なのかという疑問。また、ライバル社がコピー商品を販売していることを法的に対処できるのか。ビジネスの特許を取りたい、自社で開発した商品の特許出願の方法を知りたい。特許を出願すると内容が公開されるので秘密が守られないのでは。など特許に関しては様々な疑問を持たれるかたが多いです。まず知識を得るため、対処の方法を知るために知財セミナーを受けることをお勧めします。