人気が高まっているピアノレッスン|音楽を勉強しよう
メガネの女性

人気が高まっているピアノレッスン|音楽を勉強しよう

アイディアを守る方法

講義

知財とは発明や創作物を財産として保護する権利のことです。近年インターネットの普及に伴って知財の侵害などが起きており、それに対処することが必要になってきました。現在では様々な知財セミナーなどが開催されているので、参加されることをお勧めします。

Read

試験合格には繰り返し学習

女性の作業員

危険物乙4の試験は繰り返すことが大切です。図表を縮小コピーして通学・通勤時間を活用しましょう。問題集はスピーディに解き、解説やテキストを繰り返し読むための時間を確保しましょう。出題パターンを理解して確実に取る問題を確保しましょう。引っ掛け問題対策は自分が危険物を管理する意識を持つことが重要です。

Read

子供のピアノ教室

ピアノ

ピアノの習う意味は

英会話や習字と同じくらい、子供の習い事として昔から人気の高いピアノレッスン。しかし、ピアノレッスンが果たして子供に効果があるのかわかりにくいものです。確かに子供によって向き不向きがあるピアノレッスンですが、鍵盤ハーモニカを小学校低学年から始めるように、特定の鍵盤を叩けばその音が出るという音楽初心者に取って扱いやすい楽器で音楽やリズム感がつかめる、楽譜が読めるようになるなどといった音楽関連のスキルの基礎を学べるだけではなく、ピアノを両手で繰り返し弾くことによってバランスの良い脳トレーニングになることがわかっています。お子さんに無理強いさせるのはよくないですが将来のためにもピアノを学ばせるのもお子さんのためにも良いことだと思います。

どのピアノを選ぶべきか

ピアノレッスンを受け始める時期は早ければ早いほど良いというわけではありません。子供があまりにも小さすぎると手もまだ小さく、叩く力も弱いため楽譜の読み方も無理なく理解することはほとんど不可能です。ピアノレッスンを始めるのは、5歳から8歳までが一番おすすめの時期だといわれています。また、毎日の練習にピアノを購入することも多いのですが、よっぽど子供を世界的有名ピアニストにしたいという家庭以外は本物のピアノの購入は大きさや購入やピアノの維持にかかるお金、防音対策なども検討した上で購入するようにしましょう。レッスン当初は、電子ピアノや値段や音量調節もある程度可能でさらにいろいろな音を出せるピアノもあるため、簡易的なもので練習をしても良いでしょう。

受験資格を得るためには

女の人

福祉全般に関わることができる社会福祉士の資格に注目が集まっています。資格がなくても仕事はできますが、有資格者の方が就職に有利です。高卒で社会福祉士の資格を取得するのであれば、福祉系の4年制大学を卒業するのがおすすめです。新潟県にも福祉系の大学はあるので、まずは資料請求してみましょう。

Read